lotus/ 2月 4, 2018/ テラスハウス軽井沢 ネタバレ/ 0 comments

前回は新井雄大さんの秘密が女性メンバーにバレて、ドン引きされていましたね。

小室安未さんの友達との女子会では、テラスハウスに対する愚痴がたくさん溢れてスタジオ困惑。

新井雄大は小室安未にロックオンしたようで、デートの約束もしましたよね。

今回は、貴之とつば冴と雄大が涙を流す熱い回なんだとか。

そんなテラスハウス3話のネタバレを紹介します。

スポンサーリンク


テラスハウス軽井沢編のネタバレ【3話】

前回は、雄大がついに安未にロックオンして攻めはじめましたよね。

それに対する安未の反応は、、良くも悪くもない様子。

スタジオからも『この子は分からない。』と。

今回は、そんな雄大の心の声に涙が生まれるのだとか。

貴之、雄大、つば冴が涙した理由とは一体何なのでしょうか。

そんなテラスハウス第3話のネタバレを紹介していきます。(ネタバレが嫌な方は見ないように。)

 

つば冴のゴールは結果次第?

リビングで4人が「それぞれのゴール」について語り合っている中、仕事を終えたつば冴が帰ってくる。

『ただいま!』と元気そうに帰ってきたつば冴は興味津々で親子丼を食べたがる。

『しょぼい方しか残ってない。。』と言う安未に、雄大は『そんなこと言わないで!』と軽くフォローする。

親子丼が食卓に運ばれてから、食べる間も無くつば冴に質問が飛び交う。

『テラスハウスの目標とかある?』と言う至恩からの質問に、つば冴は『二月から私たちの中で一番大きな大会があるから、それの結果次第かな。って感じ。日本代表も考えてるけど、年齢も年齢だからな。って。』と何やら不安そうに答える。

『試合はどうなの?勝てそうなの?』と言う質問に、つば冴は『ぶっちゃけ、、ちょっと厳しいかな。』って答えた。

勝ちたい気持ちは山々なのだが、現実はそううまくいっていない様子。

そして親子丼に手をつけるつば冴を前に、至恩と安未はプレイルームに消えていった。

 

至恩と安未がプレイルームで語る

つば冴との話を終えた至恩は、安未をプレイルームに誘う。

プレイルームで座った至恩は、安未に「就活がうまくいかない理由」について問う。

安未は『就活は諦めていないけど、何を頑張れば良いかわからない。』と悩みを打ち明ける。

本心はモデルでランウェイを歩きたいのだが、そのようなチャンスもなく就活した方が良いのか悩んでいるそう。

モデルとして活躍している至恩は、安未に一緒に歩く練習をしようと提案。

安未は嬉しそうに頷いた。

そして話題は変わり、安未の雄大に対する思いについての話に。

『今雄大のことどう思ってる?』と質問する至恩に、安未は『中学一年生って感じ。』と本心を口にする。

『皆んなといる時に雄大は喋ると、ヒヤヒヤする、、』と告白。

その告白に至恩は、戸惑いながらも納得した。

 

雄大の過去はダメ人間?

その頃、リビングに残った2人は雄大の「自分の過去」について耳を貸す。

雄大:俺、一人暮らし半年してたの。それが思った以上にキツくて、、。自分ならできるって思ってたの、上京するまでは。東京でたらキツ過ぎて。

みずき:ふーん。

雄大:金銭的にもキツくて、、どっか行くにしてもおばあちゃんからお金もらったりしてたから。仕事もしない、東京で一人暮らししてる。そりゃ金は尽きるじゃん。そして親のクレジット勝手に切って怒られる、、

みずき・つば冴:え?マジ??

雄大:そう言うのあったから、自立したくて本当に。。だから料理だけは頑張ろうと思って。俺どうしょうもないクズだから。なんでも親がやってくれるって感覚になっちゃってるから。それをどうにか変えたいの。

みずき:そこで変に思わない方が良いよ。まだやってないじゃん。どうせできないとか、先に思わない方が良いよ。

雄大:でも、超焦ってんの。マジで。

みずき:いいじゃん。安全な日本でやってんだから。やれよ。

と雄大に対して厳しめにみずきは相談に答えた。

雄大は、昔からなんでも中途半端でヤメて親に迷惑をかけていたそう。

これ以上迷惑をかけたくないという想いで家を飛び出したのだが、やはり現実そう甘くなく専門学校を中退。

現在仕事もしていない雄大に対して、みんなは影で心配している様子。

 

至恩が雄大にアドバイス?男2人の反省会

リビングで自分の想いを告げた雄大は、男子部屋に戻って疲れた様子を見せる。

そこに安未と話を終えた至恩が入ってくる。

至恩は安未が話す雄大に対する思いを、正直に話す。

『安未は雄大と2人で行くのかな。って感じだったよ。全然誘えてないじゃん。』という至恩に、雄大は『誘ったよ!』と。

至恩は『まずどっか行くとかじゃなくて良いんじゃないの?』と、雄大は『でも、俺はどっか行きたい。』と話す。

一方その頃、女子部屋でも雄大の話をしていた。

安未は『いつもイガイガしてくるのに、なんで誘ってくるのかわからない。』と、それに対してみずきとつば冴は『2人はいがみ合いだからなー。』と。

 

貴之のスノーボードに懸ける想い

男子部屋、女子部屋での話を終えたメンバーはリビングに戻る。

そうすると、そこにはパソコンをいじる貴之の姿があった。

『何してるの?』との質問に、貴之は『見たい?』とニヤニヤしながら聞いた。

貴之がしていたのは、自分のスノーボード動画の編集作業のよう。

その動画には、キッカーを軽々と飛ぶ貴之の姿が写っていた。

一同は驚いた様子を隠せない様子。

女子からは『すごーい。』という言葉が漏れる中、男子からは『これを見た後に一緒に行くのはちょっと、、。』と。

そこで至恩は『いつから、こういうクレイジーな、、』と貴之に問う。

貴之:兄貴が”スノーボードの道でやりたい”みたいなこと言い出して、、でその兄貴に憧れて同じ道をついて行ったんだよね。それでウィンタースポーツの専門学校みたいなところ行って、今は一応メーカーからお金もらってみたいな感じ。

至恩:たか君のゴールみたいなものは、、

貴之:スノーボードアパレルをやって4、5年たつけど、まだそれ一本で食っていけないからね。。何かね、親父を、、安心じゃないけどね。親父が今年ね大腸がんが見つかって、、”あ、やっぱ親父も病気になんだな”って。見せるところ見せないとダメだよなって。

至恩:何か形として残るものをお父さんに見せたいってこと、、

貴之:数字では見せれないかもしれないけど、せめて姿だけでもって。

普段ニコニコしてふざけてばかりいる貴之の真剣に語る様子に、メンバーは心を打たれている様子。

数分前に自分の過去について悲観していた雄大には、貴之の話で熱い何か伝わっているよう。

 

貴之と雄大が熱く語る!涙のワケとは?

話を終えたメンバーは明日のスケジュールについて話し、解散。

リビングに残った貴之は、雄大に『昨日そんなきつく言われたの?』と問う。

それに対して雄大は『みずきちゃんたちは、自分とは全然違う道だけど、すごい頑張っているから、、。一緒に暮らしてるのに、こんな違うんだなとか思いながら。』と不安を口にする。

雄大のテラスハウスでの目標は、親に迷惑かけないように自立することのよう。

そこで雄大と貴之は熱く語り合う。

雄大:自分、片親でおばあちゃんしかいなくて。俺のおばあちゃんも最近心筋梗塞で倒れて。これ以上迷惑かけれないって。俺もお父さんすごい好きだし、おばあちゃんも好きだし、。でも何も返せてなくて。

貴之:わかる。

雄大:だから、料理だけは絶対曲げないようにしようと思ってて。

貴之:いいよ、その歳で気づけていれば。俺も頑張るし、だから雄大も頑張れ。

雄大:マジで頑張ります。本当に。

と2人は涙を交えながら熱く語った。

2人の心境が似ているところもあって、お互い心の悩みが打ち解けた様子。

2人はこの後一緒に風呂に入って、疲れを癒した。

 

4人でつば冴の父親の蕎麦屋へ!

次の日の昼、貴之と女性メンバー3人でつば冴のお父さんが営むお蕎麦やさんへ。

お蕎麦屋さんの名前「冴沙」、由来はつば冴とお姉ちゃんの名前なんだそう。

店に入ると、つば冴のお父さんが笑顔で『いらっしゃいませ〜お決まりになったらお呼びください〜』とそば茶を出しながら対応。

メンバーは『お父さん、可愛い。』と、つば冴は『普段はあんな感じじゃない。』と言いながら照れる。

つば沙のお父さんが営む「冴沙」は、お父さん1人で切り盛りしているそう。

つば冴のお母さんは小さい頃なくなってしまったよう。

その姿に『頑張ってるな〜お父さん。』とつば冴は誇らしげに言った。

そうこうしているうちに、注文したお蕎麦が到着。

一同揃って『いただきます!』の声とともに食べ始める。

メンバーからは『美味しい。』という声が上がり、つば冴は嬉しそうに微笑む。

 

貴之の兄と貴之がラジオに出演?

午後7:00。

『はいっ!始まりました〜。中村ブラザーズの「なからDEいかざ〜!」』の掛け声とともにラジオが始まる。

”なからでいかざ”とは、佐久の方言で”大体でいきましょう”という意味のよう。

落ち着いた雰囲気の中、2人はラジオを楽しんでいた。

 

つば冴の涙のワケとは?

その頃つば冴は、リンクに足を運び汗を流す。

つば冴が所属しているチームメイトとともに、熱く練習に励む。

練習が終わって、監督と話すキャプテンつば冴。

『うちのチームは全日本に出ることが目標じゃなくて、全日本で優勝することが目標じゃん?』と言う監督。

それにつば冴は『昨シーズンからキャプテンとしてやってきて、、でもなかなか結果が出ないじゃないですか。。自分でも日本代表に選ばれたいって言うのはずっと思ってて。ちょっとこのままで行くと年齢的にも、、でもこのチームが好きすぎて辞めようにも、。』と心で思っていることを素直に告げる。

つば冴自身は日本代表に選ばれるために、チームを辞めて違うチームに移籍するのが一番良い方法のよう。

しかし、キャプテンとして一緒に戦ってきたチームが好きすぎて辞められない様子。

このチームで優勝したい”と告げるつば冴に、監督は『このチームが優勝するにはつば冴が引き上げなきゃいけない。このチームの絶対的エースはつば冴しかいない。』と。

監督の言葉に微笑みながら頷くつば冴の目には、うっすらと涙が浮かぶ。

 

貴之が遂に安未にロックオン!?

ラジオを終えた貴之とその兄は、バーでテラスハウスについて語る。

『どう?可愛い?』と急に切り出す兄に、貴之は『かわいい子いるよ。20歳の女の子。』と安未を話題に出す。

『年が離れている。』と諦めモードの貴之に、『たかは全然年関係ないんじゃないの?』とフォロー。

『軽井沢で何か魅せつればいいじゃん。』という兄の提案に、貴之は『頑張ります!』と前向きのようだった。

スポンサーリンク


テラスハウス軽井沢編 配信・見逃し・先読みする方法

テラスハウス軽井沢編は、FODで視聴すると地上波よりも先読みすることができます。

なぜなら、FODは地上波放送よりも一週間先行して配信開始されているからなんです。

FODでは見逃し配信(テレビの最新話)を除いて、【テラスハウス軽井沢編】の動画は有料(1話200円)で視聴することでがきます。

FODプレミアムでは現在【初月無料】のキャンペーンが行われています。

「え?無料じゃないじゃん」と思われるかもしれませんが、FODプレミアムの「無料お試し期間(31日間)」を利用すれば、実質無料で視聴することが可能なんです。

FODプレミアム

そのカラクリを説明しますと、、

FODプレミアムは毎月「8」が付く日に400円相当のポイントがもらえます。

毎月「8」が付く日は3回ありますので(8、18、28)、毎月1200円相当のポイントがもらえるのです!

1話200円だとすると、、6話も無料で見れてしまいますね!!

一ヶ月間(無料期間内)で解約すると、無料でテラスハウスを先読みすることができるのです!

もし継続する場合でも、テラスハウスは週に一回しか放送されませんので、毎月4回分しかポイントは使いません。

余ったポイントは他の番組視聴にも使えます!

また、FODプレミアムには豊富な会員特典があります。

その中でも魅力的なのが【最大7日間まで見逃したドラマが無料で見られる】ことです。

よって、この特典をうまく使えば、ポイントを使わずに先読みすることだって可能なんです。

私ももちろんFODプレミアムに登録しています。

かなりオススメなので、まずは一ヶ月間楽しんで見てくださいね!

『本当に見れるの?ちょっと不安だな。』『FODについてもっと詳しく知りたい!』という方はこちらで詳しく説明しています⇨

 

テラスハウス軽井沢【3話】ネタバレの感想

前回の放送では、雄大のぬいぐるみ事件や雄大の恋模様、至恩とつば冴のデート計画などが放送されました。

そして今回も、雄大は知られたくない過去を暴露して涙したりと活躍しましたね。。

前代未聞の1動画で3人も涙するという、今回は涙の回でした。

雄大が安未のことを気になっているのは、なんとなく分かるのですが、まさか貴之まで気になっているようです。

次回はまたもや雄大が目立ちまくる様子。。

そしてまたメンバーが涙を見せるとか、、どんな出来事があるのでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*