lotus/ 2月 14, 2018/ テラスハウス軽井沢 ネタバレ/ 0 comments

前回は、テラスハウスに雪が降ってメンバー大はしゃぎで遊んでいる姿が見えたり、雄大と安未の史上最悪のデートが放送されたりと見応えある回でしたよね。

雄大と安未のデートはスタジオのメンバーも言葉を失うほどの最悪なデートになってしまいました。

今回の放送では、「I Erased Him From My Would(私の世界から彼を消去)」というのがタイトルにもなっていますし、『雄大がテラスハウスを卒業するのでは?』と噂になっています。

果たして雄大はどうなってしまうのでしょうか。

そんなテラスハウス7話のネタバレを紹介します。

スポンサーリンク


テラスハウス軽井沢編のネタバレ 【7話】

前回は、雄大と安未がアスレチックデートに行って、まさかの何もしないで帰ってくるという良くない意味で濃い回になりましたよね。

アスレチックデートというものの、前日は雪が降っていましたし、雪が積もる中大人がアスレチックで遊ぶのも少し無理があるかと思います。

そしてデートから帰ってきた2人はなんか変の雰囲気、、雄大が安未を怒らせてしまったようです。

今回の放送では、雄大が卒業するのでは?と呟かれていますが、違う意味で卒業しなきゃいけなくなるようです。

そんなテラスハウス第7話のネタバレを紹介していきます。(ネタバレが嫌な方は見ないように。(笑))

 

男子3人は安未が怒っている理由について会議!

夕食を終えた後、安未と男子3人が後片付けをする。

途中で安未が選択をするためにキッチンから立ち去り、部屋を出て行ってしまう。

どうやら安未が立ち去ったのも含めて、貴之と至恩は2人のことをかなり心配している様子。

男子3人になってすぐ、至恩が『スーパーの帰りは何があったんすか。』と口を開く。

雄大は触れられたくないことだったようで、かなり嫌そうな顔をしながら答えようとしない。

そこで貴之が『スーパーへ買い出しに行こうってなってて、俺がショーン(至恩)迎えに行くがてら、買い物に、、』と至恩い説明する。

そこでハッと何かを思い出したように、『2人で行きたかったんだよ。』と貴之が言う。

それに雄大は『それはないっす。」と即答。

至恩は『自分の感情を出すのは構わないけど、相手が気を使う態度とかはさぁ。男らしくないんじゃない。』と、雄大は『いや、違う違う違う。』とすかさず否定する。

『口癖の違う?俺は見てて思ったよ。』と至恩は釘をさす。

どうやら雄大は安未の事を楽しませることができなかったことを、かなり気にしている様子。

安未が怒っている理由については、よく分からないまま会議が終わった。

その頃、女子部屋ではつば冴と安未が同じく雄大のことについて話す。

『じゃあ、家でご飯作ればよくない?って話になって帰って、一旦家帰ったらこのまま安未の運転でスーパー行こうよ。って言われて。』と安未はデートの帰りに起こったことを話し出す。

安未は雄大が立ててくれたアスレチックをできなかったから、夕食を一緒に作ろうと約束していたよう。

 

女子部屋に貴之が訪れる!安未の本心は?

安未がつば冴にその日あったことを話している時、『コンコン』とドアをノックする音が。

『お邪魔しまーす。』と、女子部屋に貴之がやってくる。

ビール片手にやってきた貴之に、つば冴は『酔ってる?』と聞くと、貴之は『そんな?』と返す。

2人の飲み物も持ってきた貴之に、つば冴と安未は『優しい。。』と一言。

『タカさん割と知ってるよね。』と言う安未に、貴之は『まあね。』と返す。

2人の話に貴之も加わったところで、安未が話の続きを話始める。

『私がデリシアの道わからないって言ったら、俺わかる。って言われて。私運転したくない、草津まで1人で運転してきて疲れたし。』と、安未はその時のことを話す。

どうやら安未は雄大と2人で買い物に行きたくないわけではなく、自分が運転して行くのが怖くて嫌だった様子。

『それで帰ってから、タイミングよくタカさんが帰ってきて、、タカさんの運転で行くことになって、、』と少しぎこちなさげに安未は話の続きを細かく話す。

『俺は雄大に行く?って聞いたけど、何も反応なくて。行かないのかなーって思って、車に乗ったんだよね。』と話す貴之。

雄大は家に着いた時点で態度がおかしく、何も知らない貴之が話しかけてもそれに応じなかったそう。

『そして行くときに、雄大が走ってきて、窓をコンコンってして助手席に窓を開けろって手で合図してたよね。』と雄大の態度の悪さに不審がる貴之。

『何作るか決めたの?』と聞く雄大に、安未は『えー、何も決めてないよ。』と返したそう。

すると雄大は『じゃあグレープフルーツジュースだけよろしく。』と言って、走って去って行ったそう。

当時の雄大の態度を知ったつば冴は少し驚いた様子で話しに耳を傾ける。

ついさっきのお葬式のような夕食まで話終えた安未に、貴之は『分かんないけど、さっきの買い物に行きたかったのかもしれない。』と。

『でも、こっちから行ったじゃん。ちゃんと聞いたじゃん。それをヘラヘラで返してきて、それで無理ってなった。』と安未が本音を漏らす。

安未はしっかりとして理由があって、雄大のことが嫌いになってしまった様子。

そんな安未に貴之は『うーん、。でもすごい一生懸命、、色々考えてたっぽいいから。。満足のいかない楽しませかたをしてしまった自分に自己嫌悪になってるのかもしれない。だから別に、安未を攻めてるって感じではない。』と雄大の本心も伝える。

それを聞いた安未は『うーん、。』と下を向いて黙ってしまう。

『可愛いやつですよ。。雄大は。』と声を漏らす貴之に、『それはその距離だから。でも、お互い子供だった気がする、精神的に。』と安未は言う。

安未は雄大を一方的に悪いとするのではなく、自分も悪かったと考えているよう。

話を終えた3人は少しの沈黙の後、『来てくれて、ありがとう。』と安未が口を開く。

『いえいえ、毎週来ようか?(笑)』と返す貴之に、つば冴と安未は笑いながら『水曜は?』と言う。

貴之は『じゃあ、水曜夜10時タカの部屋(笑)』と決めて、話を終えた。

 

安未が友達と女子会!安未の愚痴が溢れる。

午後12:00。

軽井沢駅で待つ安未のもとに、女子3人が乗る車が止まる。

車の中にいる女性は、以前東京で安未とランチをしていたメンバーのよう。

『お迎えに来ましたー!』と元気よく窓を開けて話す友達に、『ありがとうございまーす。』と安未は嬉しそうに笑顔で返す。

『じゃあ、安未運転で!』と言う友達、安未は仕方なさそうに運転席に乗った。

『一回バックしないとさ、、。』と言う友達に、安未は『バックすればいい?』と聞きながらハンドルを切る。

ハンドルを切った安未に『何やってんの、マジ。(笑)』といった声が飛ぶ。

どうやら安未は、ハンドルを切る方向が逆だった様子。

安未は恥ずかしそうにハンドルに顔を埋め、『マジでやばい。』と呟く。

そうこうしながら到着したのは、「鶏味座」と言うお店。

このお店は「究極の親子丼」と言う名の親子丼がある、鶏の専門店のよう。

お店に入って座った4人は、即座に安未のテラスハウストークを始める。

『安未が運転したんでしょ?』と口を開く友達。

どうやら会話は雄大とのデートについての様子。

『隣にモデルの教官が座って、ジムまで運転した。』とデートに行く前のことから話始める安未。

友達は『で?』と安未に返す。

どうやら友達が知りたいのは、テラスハウスでの日常ではなく、雄大とのデートのことのよう。

『アスレチックって言ってたじゃん。』と話を切り替えて、雄大とのデートのことについて話し始める安未。

『2人でアスレチックってなかなかハードル高くない?』『でも、あそこめちゃめちゃ楽しんだってね。』『でもすごい楽しい相手とじゃなきゃ楽しくなくない?』と友達は一気に雄大のデートプランへの愚痴を口にする。

安未が運転したことに驚く友達に、『まだ未成年だから、、免許持ってない。』と安未は言う。

それに友達は『じゃあなんで誘ったの??』と厳しく返す。

『当日の朝に場所言われて、、で着いたけど安未のテンションは変わらなくて。で、帰ってからも空気やばくて。。』と雄大への不満を漏らす安未。

『なんでスーパー行かなかったの?って聞いたら、気分。みたいなことを言われて、、安未なんか悪いことした?って言ったら、何もしてないよって。』とデートから帰ってからの事を話す。

安未はデート自体に不満があるわけではなく、帰ってからの態度に不満がある様子。

そんな雄大の帰ってからの態度に『それで安未はそこでプツンって。』と、雄大のことが生理的に無理になってしまったことを告げる。

話の内容的に口を挟めなくなった友達は『美味しい。』と親子丼の味を褒める。

安未はそれに続いて、『で、今日の朝おはようございます。って言われたけど、、何やねん。って思って返事しなかった。』と。

現在安未はかなり雄大のことを嫌ってしまっている様子。

『別に怒ってるわけではないんでしょ?普通に会話もするし、、』と言う友達に、『いや、会話もいいや。』と即答。

その様子に友達は思わず苦笑い。

あー、これって安未の世界から消えた。ってやつ?懐かしくない?』と友達は言う。

『なんか聞いたことある。(笑)』と言う友達に、『よく言うよね安未。』と安未は返した。

 

安未はみずきに、雄大は貴之に本音を話す!

午後9:30。

『あれから雄大と話した?』と聞くみずきに、安未は『ううん、全く。』と返す。

プレイルームで安未とみずきが2人で話している様子。

みずきは『え、じゃあもうそんな話したくない的な、、?』と、安未は『いや、なんか、感情は特にないっていうか、、。』と。

『無ってことか。それって一番やばいやつじゃん。』と驚きながら言うみずきに、安未は『分かんない。無視しようとか思ってないけど、。』と返した。

その頃、リビングでは貴之と雄大が2人で話しているよう。

『本当は2人で買い物行きたかったんでしょ?』と問う貴之に、『もちろん!』と雄大はすかさず答える。

『車の中で2人で行かないの?と。そしたら、運転疲れちゃったと。車の中で何かを作ろうと。俺も結構気合入ってて、いろいろ頭の中でレシピを考えていて、、。』と雄大は安未とのデート帰りの時のことについて思っていたことを話す。

買い物に行かなかった理由については、『俺がリードして作んなくても大丈夫なんだな。とか思っちゃって。俺必要とされてないな、とか思っちゃって。』と本心を話す。

雄大はイタリアンの料理人志望と言うこともあり、安未に料理のことについては頼って欲しかった様子。

それに貴之は『それは違うよ。期待されてないんじゃなくて、、期待してるのは雄大じゃないの?こうして、こうきてっていう期待に合わなかっただけじゃないの?』と言う。

雄大は『デートの日だったから、、普段と違う感じにしたかったの。』と。

『自分のイメージ通りにいかなかったのは、、それはそれで仕方ないよ。それはもう切り替えてさ、、それで買い出しとかも行かないでとかはどうかと思うよ。。』と貴之は雄大の悪い点について指摘する。

雄大のジュースの頼み方は相当酷かったようで、貴之は『あれは傷つけるよ。』と雄大に言う。

『ちょっと大人げないよ、あれは。』と言う貴之に、『なるほど、、。』と雄大は反省した様子。

貴之は『まあ、切り替えて。雄大は自分のやりたいことをやるのが一番良いんじゃないかな。』と今後についてのアドバイスも交える。

『1人で冷静になった方がいいと思うよ。』と言う貴之に、雄大は『でも、、ギスギスした感じでいたくないから。。』と安未に謝りに行こうかと提案する。

それに貴之は『うーん。やめた方がいいと思います。』と一言。

しかし、雄大は安未とみずきに居るプレイルームに足を運ぶ。

 

安未がいるプレイルームに雄大が訪れる!が、しかし、。

『てぇーす。』と軽く挨拶しながら入ってきた2人に、みずきは『来た。』と一言。

安未は真顔で2人に目を向ける。

『おつかれっす。』と言いながら、ソファーに腰を下ろす雄大。

しばらく沈黙が続くなか、みずきは『中辛すぎてわからんから、お風呂いく。逃げる。』といって部屋を後にする。

それに続いて安未も無言でプレイルームを立ち去る。

プレイルームに残った雄大と貴之は、ため息をつきながら『やっぱ失敗したな。』と貴之。

『ここに来れるぐらいのスタンスなんだな。ってアピールできましたね。』とこの雰囲気でポジティブを発動する雄大。

それに貴之は『まあ、結果がこうだったでことじゃない?それ以上でもない、それ以下でもない。』と冷静に返す。

すると、雄大の目から涙が溢れる。

『おいー、泣くなって。』と言う貴之に、『大丈夫っす。』と雄大は言った。

 

雄大が母親にカフェで現状報告、、。

午後4:30。

雄大は軽井沢にあるカフェで、1人で座りながら携帯をいじっていた。

そこに1人の女性が現れる。

『お、久しぶり。』と言う女性に、『久しぶりっす。』と返す雄大。

雄大は『いやー、なんかすいません。いきなり。』と、女性は『どう??』と返す。

どうやら雄大がぎこちなく敬語で話す相手は、雄大の実の母親のよう。

『元気?』と聞く母親に、『まあ、そこそこ、、。でも、疲れた。』と笑いながら返す雄大。

母親が『飯は?』と聞くと、『昼飯は一緒に住んでる人に作ってもらって、、。』と雄大は言う。

それに『作るんじゃないの?お前が。作ってあげてるん?』と母親が問う。

雄大は『作ってあげる機会を生み出せなくて。みんな料理できるし、。』と。

続けて『6人で住んでると、6人それぞれの価値観があるから、すごい大変。』と雄大はテラスハウスで上手くいってないことを母親に明かす。

『でも、やりたかったんじゃないの?』と聞く母親に、『まあ、行きたかったけど。結構きついなって思ってる、最近。』と返す雄大。

雄大は今までの環境との変化に、かなりストレスが溜まっている様子。

それを打ち明ける雄大に、母親は『でも、今まで甘い生活をしてたから。色々揉まれた方がいい。』と言う。

それに雄大は『今日も帰ったら、、なんかある。100%。それすごい嫌だ。。』と顔では笑いながら話す。

『どうにか、、ちょっと、逃げたい。』と弱気な発言をする雄大に、母親は『お前逃げるんか。今まで全部逃げてるから、それじゃダメなんじゃないの?』と言う。

雄大は『仕事じゃないからさ。調理場だったらさ、言われてたから、、。その時は我慢してたけど。それが日常生活になっちゃうと、きついかなって思う。』と、それに母親は『1人が寂しいのに、次は団体になったら大変だって?』と呆れながら雄大に問う。

雄大は苦笑いしながら『そう。。』と返した。

 

3人がリビングでは話す中に雄大が現れる!

午後11:00。

貴之とつば冴と安未は、3人でリビングで気楽に話をしているよう。

『スノボー行けるって。(貴之が)』と言う安未に、『行こうぜ!』と乗り気で返すつば冴。

『置いてかれそう、、』と言う安未を尻目に、つば冴は『キッカーとかめっちゃやりたい。』と。

『バリバリじゃん。』と驚く安未、貴之は『負けねーからな。』と笑いながら返す。

そんな和気藹々としたリビングに、しれーと雄大が入ってくる。

なんとか気配を消しながら炊飯器を覗く雄大に、貴之が思わず『何してんの、雄大、』と雄大に問う。

『塩むすびを、、。』と恥ずかしそうに言う雄大に、『今?(笑)』と貴之が笑って返す。

雄大は話題が自分になってしまい、居心地悪そうに下を向きながら塩むすびを作る。

塩むすびにクレイジーソルトを振っている雄大に、思わず貴之が『塩むすびにクレイジーソルト?』と。

『確かに。(笑)』と笑うつば冴、『一工夫加えて。(笑)』と雄大は返した。

 

至恩とつば冴がバスケを楽しむ!デートの約束も?

午後2:00。

至恩とつば冴は念願のバスケをしに風越公園総合体育館へ向かう。

体育館に着くと、2人は早速バスケのシュートを始める。

『やば。』と口にしながら、次々をシュートを決めるつば冴に、至恩は『いいっすねー。』と。

至恩はつば冴の前で高身長を生かした華麗なダンクを決めて、つば冴と笑顔でハイタッチ。

2人はその後もしばらくバスケを楽しみ、ひと休憩する。

『祝勝祈願さぁ、すげー行きたいんだけど。』と言う至恩に、つば冴は嬉しそうに『行こうよ行こうよ!!本当に。』と興味を示す。

至恩は『長野のそのナントカカントカっていう所。』と、つば冴は『あっ、善光寺??行きたい。』と。

2人は12月にある大会の前に、善光寺に祝勝祈願しに行く約束をした。

 

安未と貴之がデートの約束?

午前0:00。

1人でボーッと食卓テーブルに座っている貴之に元に、安未が訪れる。

『なんで死んでたの、今。』と聞く安未に、貴之は『今やることやって、1人飛んでた。』と返す。

そこで貴之が『ねえねえ、ウエアないって言ってたしょ。ムラスポ行く?今度。』と安未に誘う。

安未は『うん!』と言い、貴之とムラスポデートに行くことを約束した。

 

貴之と安未がムラスポデートに!

午後1:30。

着替えを終えた貴之は、カタログを見ながらリビングで安未を待つ。

そこに寝起きで寝癖姿のままの至恩がリビングに来る。

至恩は『今日何時に出るんすか。』と、貴之は『もうそろ。』と答える。

すると、しっかりと準備を終えた安未がリビングに『お待たせ。』と言って入って来る。

『あらあら、オメカシしちゃって。』という至恩に、『髪やば。』と返す安未。

『さっきと全然違うじゃん格好。』という貴之に、安未は『変えた。』と一言。

それに続いて安未は『昨日さ「スノーボード おしゃれ メンズ」とか調べてたんだけど。』と、それに貴之は『メンズ!?行けばわかる。任せとけ(笑)』と。

貴之の『よし!いかざ、いかざ。なからでいかざ。』という掛け声で、2人のムラスポデートが始まる。

車の中では入居の時のことなどを話して和んでいる様子。

『どうだった初日。』と言う安未に、『無表情といえば無表情だったかもしれない。』と返す貴之。

『なべ(笑)』と初日の水炊きについて話題を振る安未に、貴之は『あれねー。誰かが決めないといけなかったからさ。』と過去の話に笑いながら食いつく。

『もうちょっとタレ的なものを揃えるべきだった。』と反省する貴之に、安未は『ううん。』と。

『ううん?水炊きがNGだった?』と聞く貴之に、安未は笑いながら頷く。

『言えや!!(笑)』とツッコむ貴之に、安未は微笑ましく笑う。

そこで話題は雄大についてに変わる。

『なんかさ、遊びに行かなかったら良かったのかな。』と言う安未。

『2人でいればさ、違う彼が現れるかと思ってたの。』と本音を漏らす。

そうこうしているうちに、2人はイオンモール高崎に到着。

ムラスポに着いた2人は、店員さんと話しながらウエアを決める。

試着室から出てきた安未に『どう?良くない!?』と貴之。

ニコニコしながら『かわい!』と言う貴之に、安未は『これで!』と。

安未のウエア探しはいい感じの雰囲気のまま終えた。

 

至恩とみずきが過去の恋愛についてリビングで話す!

午後10:15。

『なんかさ、ここに来る前に付き合ってた人。すっごい好きだったのに振られちゃったの。それで2ヶ月も経ったし、忘れられたの。なのに、今日いきなり元気?みたいな連絡が来て。』とみずきは至恩に相談する。

至恩は『元気?としか来てないの?』と問う。

みずきは『元気に過ごしてる?みたいな感じだけ。』と答える。

至恩は『新しい好きな人と上手く行かなくて戻りに来たのかと、単純に、、、そう言うこと。』とみずきを心配している様子。

『どっちもクズな意見だな、それ。。』と言うみずきは、『好きだったなー。』と言いながら元彼の写真を見る。

みずきの携帯を除いた至恩は『コレ?』と言いながら、みずきの顔を見る。

 

貴之と至恩が居酒屋で語る!

午後10:30。

貴之と至恩は2人で居酒屋に歩いていく。

居酒屋に入った2人はビールとツマミを頼み、話を始める。

『安未と雄大がデートに行ってから、、それいらい気まずいのか。一緒にいるところを見てなくて、、』と至恩は雄大と安未の仲を心配している様子。

それに貴之は『俺はね、もう逐一言うことにした。』と。

至恩は『すげー言い訳するじゃないっすか。それ、働く時とか結構良くない、。』と、貴之は『俺もう決めた。雄大に嫌われてもいいから、言うことにした。』と宣言。

そこで至恩は話題変更し、つば冴との話に。

『俺、最近風呂あがりストレッチしてるんすよ。そしたら、ストレッチしてる時のつーちゃんがエロくて。』と至恩が最近のつば冴がなんだかいい感じだと貴之に言う。

『なんか可愛いすよね。試合前に祝勝祈願に行こうと思ってるんすけど。』と言う至恩に、貴之は『いいね、いいね。』と。

至恩はつば冴の日常生活がわからないので、もう少し知っておきたい様子。

スポンサーリンク


テラスハウス軽井沢編 配信・見逃し・先読みする方法

テラスハウス軽井沢編は、FODで視聴すると地上波よりも先読みすることができます。

なぜなら、FODは地上波放送よりも一週間先行して配信開始されているからなんです。

FODでは見逃し配信(テレビの最新話)を除いて、【テラスハウス軽井沢編】の動画は有料(1話200円)で視聴することでがきます。

FODプレミアムでは現在【初月無料】のキャンペーンが行われています。

「え?無料じゃないじゃん」と思われるかもしれませんが、FODプレミアムの「無料お試し期間(31日間)」を利用すれば、実質無料で視聴することが可能なんです。

FODプレミアム

そのカラクリを説明しますと、、

FODプレミアムは毎月「8」が付く日に400円相当のポイントがもらえます。

毎月「8」が付く日は3回ありますので(8、18、28)、毎月1200円相当のポイントがもらえるのです!

1話200円だとすると、、6話も無料で見れてしまいますね!!

一ヶ月間(無料期間内)で解約すると、無料でテラスハウスを先読みすることができるのです!

もし継続する場合でも、テラスハウスは週に一回しか放送されませんので、毎月4回分しかポイントは使いません。

余ったポイントは他の番組視聴にも使えます!

また、FODプレミアムには豊富な会員特典があります。

その中でも魅力的なのが【最大7日間まで見逃したドラマが無料で見られる】ことです。

よって、この特典をうまく使えば、ポイントを使わずに先読みすることだって可能なんです。

私ももちろんFODプレミアムに登録しています。

かなりオススメなので、まずは一ヶ月間楽しんで見てくださいね!

『本当に見れるの?ちょっと不安だな。』『FODについてもっと詳しく知りたい!』という方はこちらで詳しく説明しています⇨

スポンサーリンク


テラスハウス軽井沢【7話】ネタバレの感想

前回は、安未と雄大のアスレチックデートなどかなり濃い内容が放送されましたよね。

そして今回は、デート後の様子から放送が始まり、雄大が再び涙を流してしまうなど、良い雰囲気のテラスハウスではありませんでした。

安未も本心から雄大を嫌ってしまっているようで、今回の放送を見る限りでは、2人の仲の修復にはまだまだ時間が必要といった様子でした。

最近のテラスハウスを見ていて、雄大がもうそろそろテラスハウスを卒業してしまうのではないかなと思い始めてます。(笑)

母親と話している時も、もうテラスハウスに住むのを辞めたいといったことをなんども口にしていましたし。。

一方、安未は雄大との関係をあまり気にすることなく、貴之とデートに行ったり、メンバーと普通に楽しそうに話したりと、テラスハウスを満喫している様子でした。

2人の関係性は今後どのようになってしまうのでしょうか。。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*